スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暁の護衛 プレイ感想

5月まで延期してしまった「レミニセンス」ですけど、同じコンビが作ったゲームに「暁の護衛」というゲームが有ることを知ったのでプレイしてみました。
この記事を書いている時点では現在進行形なんですけどね。

暁の護衛シリーズは、無印→プリンシパルたちの休日→罪深き終末論の流れで3部作。「プリンシパルたちの休日」は一応FD扱いなですが、外伝的な扱いでは全くなく続編。そこまで行ってないから、正確なことはわかりませんが。でも、無印をやったら絶対にFDやりたくなる!!(理由は後ほど)

「レミニセンス」の発売待ちでプレイしてみたんですが、5月まで持ちそうにはない事に後から気付いた…まぁゲームってハマると一瞬でクリアしちゃいますしね。つまらないと積みに走るんだけど(笑)
そうそう、興味あるって人はまず体験版からプレイしてみるといいです。公式サイト行けば転がってるから。でも結構いいところで終わるから良い感じに続きが気になる仕様。
商法だとわかっていて乗せられちゃうこの敗北感!!


各ルートの感想は追記(※ネタバレを含みます)から。
こちらには未プレイの方に向けてのネタバレ無しの感想を記載します。



〇感想(ネタバレを含みません)
よくニコニコで見かけるような「熱さ」を求めると失敗します。特にこの無印では。
主人公は確かに最強(?)だし、作中でも負けなしではあるんですが…戦闘するシーンは殆どないです。各ルートに1つあるかないか程度。

暁の護衛はお嬢様といちゃいちゃラブラブするゲームです。
シナリオの盛り上がりは少し弱いですし、3部作とも言われてる暁の護衛シリーズは1本目であるこれでは尻切れ感も半端ないです(ルートによりますけど)。え!?終わり!?みたいな感想になります。FDを必ずやりたくなるというのはそういう理由。


一番面白いのは日常パートのギャグ会話
①海斗×尊
成績優秀、頭脳明晰、完璧なはずの尊君。
その性格も相まって一般的に考えればとても「ウザい」キャラ。
なんですが…海斗の会話相手になると一気にボケ要員に!!
シュールすぎて笑えます。

②海斗×ツキ
お掃除マスター、山田君という彼氏、羞恥心ゼロなツキ。
初登場シーンではこんなにギャグ要員だとは思いませんでした。
海斗のボケにツッコまずに乗ります、乗りまくります。その結果あらぬ方向に話が…。
こちらも中々シュールで、思わずパソコンの前でニヤニヤしてしまいます(気持ち悪いですね)。傍から見られたら通報されそうです(笑)
海斗の過去が明かされる事も少ないですが、ヒロインの各キャラはしっかり立っています。3部作の継続プレイ前提ですね。

ギャグっぽいものが好きな人は是非やってみるのをお勧めします。笑えますよ、パソコンの前で思わずニヤニヤする程度には。

作品をプレイしていく中で私はどのキャラも好きになりました。
どんな人でも好みのキャラは絶対に出てくると安定感があります。ツキと麗華がお勧めですよ!
感想はプレイ順。お気に入りのキャラは最後までとっておく派(例えるなら、ショートケーキのイチゴは一番最後に食べる派)だから、彩→妙→萌→ツキ→麗華 の順番。

共通ルートの段階では、ツキ(ギャグの会話が面白すぎてお腹もげそう)と麗華(ツンツンしてて頭良くて、気が強くて正統派ツンデレだけどかわゆい!)がお気に入り。



〇彩ルート
正統派お嬢様ですね彩は。ちょっと世間知らずで、温室育ちっぽくて、和やかな印象。
少し気弱だけど、自分の望みには一直線というキャラです。
あと結構アホの子、もとい天然です。

ゲーム好きのお嬢様って何かいいですね、一緒にゲームしたいです。
エロゲーじゃないですよ??変態じゃないですか、それじゃ(笑)
というか彩ってオタクですけどね、完全に。
お嬢様ゆえに友達が出来ず、寂しがり屋なのをゲームで紛らわせる、そんな描かれ方です。

尊と手錠で繋がれる、尊と決闘して彩を奪い取る、どちらにしても尊との絡みが強いルートです。
ギャグ要員としての尊は散々共通ルートでも描かれますが、一人の人間として、ボディーガードとしての尊徳を描いてるのはこのルートの特徴です。

惜しいなと思うのは、黒堂鏡花の存在です。
彩のライバル的ポジションに居るそうですが、噛ませ犬としても殆ど機能していません。海斗と映画に行くシーンがありますが、あれは必要なんですかね…。
恋敵として、お嬢様のライバルとして、彩の活躍を見られたらもっと深みがあったのではないかと思います。

主人公の事をひたすら思い続けているのも彩の特徴で、いろいろアクションを起こすのが可愛いですね。
お嬢様とボディーガードという立場に悩みを抱く海斗(たぶん敬語のイベント)も良かったです。

彩との恋人生活がこれから始まる…という一番美味しいところで終わってしまうので、続きが気になって仕方がありません。


〇妙ルート
真正のアホの子です。子どもっぽさもあって純粋なのがキャラとしての妙の魅力かなと思います。

麗華に一泡吹かせてやる…と接近するのですが、自衛隊(?)6人を相手に圧勝してしまった海斗に惹かれていくあたりが麗華と似てますよね(笑)
ボディーガードとして海斗を欲しがってますけど、この時点で海斗を好きっぽいですね。
パジャマパーティーの件など、何をしたいのか、行動の裏がすぐわかってしまう可愛い系キャラでした。

ソナタとカナタが麗華と話しているシーンが欲しかったですね、妙とは何も関係ないけど(笑)
麗華の誕生日パーティーのシーンでありましたが、妙って実は一人でいる事が多い友達いないキャラなんじゃないでしょうか。
そういう心理描写を加え、気づかないうちに心の拠り所になっていた侑祈、そして突然の別れ。また、いくつか描写にありましたが、侑祈にとって妙は絶対的に守護する対象であり、それに手を出している海斗への複雑な心情。この2つを上手く活かせていれば最高の物語になったと思います。

最終的に侑祈を直すために天才科学者である母を超える事を誓いますが、それだけ侑祈は妙にとって大きな存在だったという事でしょう。恋人よりも大きな存在。空気のようにそこに居て、とても大切な人、自分の周囲をちょっと眺めてしまうような物語でした。

枕持って海斗の部屋に現れる妙が可愛すぎてやばいです。あれ?この感想文だけ「可愛い」をやたら連発している気がしますが、兎に角可愛いです。通常シーンもそうですが、HシーンのCGもえらい可愛いです。
さて何回言ったか、6回くらいですかね??

暁の護衛1

↑これこれ

子どもから少女(?)に成長していく妙の可愛さにやられるルートです


〇萌ルート
武道家としては強い部類だけど、その他がいろいろ抜けすぎている食欲旺盛お嬢様。

社会からゴミのように扱われている禁止区域へ興味を持ったり、屋台を始めることに興味を持ったりと随分庶民的なお嬢様。
現実を全く理解していないで正義感や慈悲を振りまくあたり、このゲームでは最も「らしい」お嬢様かもしれません。
だからこそイライラさせられるシーンが多かったのも事実です。
逆に言えばイライラさせられる程上手くキャラが出されていたという事でもあります。海斗は萌に現実を見せる事を目的にしていますが、物語の途中からそれも投げ出されてしまいましたね、残念なポイントです。
現実を見せるという意味では、佃五郎もただの孫大好きキャラではなく、一人の優秀な先人として2人の前に立ちはだかってくれたら燃える話だったのではないかと思います。


〇薫ルート
萌ルートからの派生です。
冒頭から「女っぽい男」として描かれ続けて来た薫ですが、本当に女だったんですね(笑)
流石にその展開を予想してなくて…ぽかーんとしてしまいました。(だってエロ系の記事みて海斗や尊、侑祈とニヤニヤしているシーンもあったし)
萌ルートの最後部分が変わっているだけですが、薫と海斗の馴れ初めが描かれます。海斗は最初から知っていたんですね…それならせめて伏線か何か張ってほしかった。

結構切ない終わり方です。お互いを思い合ってるのに家の事情、立場の事情から離れ離れに。
一番最後のシーンで、南条家を見渡す位置に海斗が立っていますが、せっかくなら薫を連れ出すシーンまで描いて終わりにしていれば完璧だった。


〇ツキルート
攻略可能キャラ中唯一のお嬢様外です。
海斗にすら悟られない気配の消し方、暗闇を異常に怖がる習性、何か隠している事が有りそうなメイドちゃんです。
が、普段は羞恥心のカケラもなく海斗のギャグに乗りつづけてくれるというギャグ要員。
どうも昔は殆ど誰とも会話もしない感じだったようですが、海斗が二階堂家に来てから明るくなったみたいです。

男性恐怖症(名言されていないので)であり、男性を避け続けている中、海斗にだけは心を許しその上惹かれていく自分自身への戸惑いが描かれていきます。一時はそれを怖がり、海斗を遠ざけるのですがラストシーン直前で乗り越えていますね。

当の海斗ですが、ツキのトラウマの張本人。
正直予想通りの展開ではありましたが、ツキが事前にそれを悟っており、尚且つ簡単に赦しちゃうあたりに疑問符を浮かべる事にはなりましたが。
海斗本人にとってもトラウマのようだったので、その葛藤が描かれば尚良かったかなと思います。
どちらにしろ幸せそうなラストだったので良かったです。

今回は尊が憎まれ役に回っていますね。
口汚く罵りつつ全部計略と、海斗と尊のやり取りが熱いシーンです。
もっと海斗が感情的になっていれば熱いシーンでしたね。現状でも熱いシーンですが。
彼氏が居ようが穢れていようが関係ないってカッコいいですね海斗さん。

暁の護衛では一番好きなルートになりました。
なにしろシナリオ構成が一番はっきりしており、無駄なシーンがないです。どのシーンもエンディングに結びついている内容ですし、海斗・ツキ両者の心理、トラウマなどシリアス要素、盛り上がり要素も含んでいるので他のルートよりも物語に深みがあります。
ツキが人気あるのは、ただ面白い、ギャグが良い、だけが理由ではないみたいですね。
このルートをプレイした後だと、ツキが抱える心の闇を抱えながら日常を送っているように見えて、ツキというキャラの魅力が増してきます。


〇麗華ルート
ツンデレ系お嬢様です。でも一般的なツンデレとは違います。
「べ、別にあんたのためにお弁当作ったんじゃないんだからねっ!」とか言いません。
実際どうなんですか?上のセリフ。リアルで言われたらうえぇですが、2次元に言われても「うえぇ」と思ってしまいます(笑) 話がそれました。
麗華は頭が切れる上に自らの事もきちんと把握しているしっかり者です。ただ貧乳。でも貧乳。(大切なこと?)

貧乳に悩んでる麗華が可愛いのは常識として、絵だけで見たらそんなに魅力のあるキャラじゃなかったです少なくとも私は。(大好きな人いたらごめんなさい)
ゲームをプレイしてから初めて気に入りました、今ではツキよりもお気に入りです。
ニヤっとした笑いを浮かべている麗華は一番いい表情です。

海斗に対するツッコミ役なのですが、ツッコミ切れずに乗せられて、手のひらで転がされ…でも許容してるみたいな感じが良いです!(謎な文章になってしまいましたが…)
海斗に対してだけ最初から心を開いているんです、後半でそれが「好き」という感情であることに気付いていましたが。
冷静沈着なキャラなのに海斗に対してだけ弱いというギャップが大きな魅力になっています。

後半では海斗を探しにいくために特別禁止区域(犯罪の巣窟)に赴きますが、ありえないレベルの行動力ですね、尊敬しそう。
海斗の過去も明かされるルートです。
その過去を受け入れた上で海斗と生きていこうという姿勢であり、海斗を本当の意味で受け入れてくれたキャラですね(ツキに続いて2人目)。

駆け落ちをするか、二階堂に残り苦難の道を歩むのか、綺麗に描かれていましたがもう少し泥臭い葛藤があってもよかったのではないかと思います。
父親と同じ道を歩むのか、自らの運命を切り開くのか、大きな分岐点ですしね。結果的に違う道を選び、困難ながらも2人で前に進もうという先行き明るいエンディングで満足しました。
その後の苦難を予言するようなやり取りが最後に入っていましたが、非常に気に成りますね。次にどのようにつながっていくのでしょうか。

1つだけあるとすれば佐竹の存在です。
ついて佐竹が何処の馬の骨とも知らない海斗をボディーガードにしたがったのかが明かされます。
銃まで突きつけられ一触即発、佐竹も心に深い傷を負っていたようです。
こ れ が、源蔵の一言で収まってしまうしまうのは正直納得できませんでした。長年の無念を晴らす機会であり、海斗と本気でぶつかり合うべきシーンだったように感じます。その上で良好な関係に戻るないし、どちらかが勝利するべきだったように思います。

ともあれ、一番好きな麗華のルートですが、おおむね満足のいく内容でした。
麗華は3作を通してしっかりメインヒロインらしいので今後に期待します。

暁の護衛2

↑この顔が一番気に入っています(笑)


〇総評
ニコニコでも暁の護衛は熱い!というコメントを見かけますが、罪深き終末論までプレイしてみて初めて熱い!という事なのでしょう。
無印に限って言えばカケラも熱くありません。
実をいうと別にいちゃいち要素も多くはないですね。
ボディーガードが必要なほど治安の悪くなった日本、弱肉強食の時代に戻ってしまったような無法地帯まで抱えた大きな格差社会。世界観自体はかなりいい設定(掘り下げやすい世界観)と言えるでしょう。
無印ではその世界観を上手く料理できていないように感じます。

やはり、お嬢様という非日常的な存在と駆け引き(ギャグ)を楽しむゲームです。
日常会話パートは知っているゲームの中でも屈指の面白さです!

ボディーガードとお嬢様という立場としての矛盾もルートによっては上手く描かれていると思います。最も顕著なのは麗華ルートです。駆け落ちをしなければ幸せにはなれないのか、社会的な立場を重要視して生きていくのか、個人の幸せを求めるのか、2つに悩む様子が描かれます。
海斗の人としての危うさとかをもう少し含んでいればシリアス面も出さたのではないかなと思ったりもします。

CGモード見て初めて気づいたことなんですが、HシーンのCG枚数とルートのCG枚数が同じくらいなんですね…。どうせならルートの方に裂いて欲しかった感が。
ルートの最後の方でAパート、Bパート的にHシーンを選択するのも回収が面倒ですし、無理やりなら入れなくてもいいんじゃない?と思わなくもないです。
でも、暁の護衛はHシーンかなりクオリティ高い方なんじゃないかなと思います。絵は可愛いです。
エンディングが気になるあまり殆ど読まずにマウス連打して飛ばしてしまったんですけどね(笑)

結構厳しめの感想をつけてしまいましたが、それは私自身がシリアス要素を求めてプレイしたからにすぎません。
お嬢様系学園ものとした観点で見れば充分面白い内容です。
どのキャラも可愛いですし、満足できる内容です。FDを今からやりたくうずうずしています。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

三味猫

Author:三味猫

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
リンク(相互は✝付きです)
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
応援中♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。